「See」⇔ポートフォリオ管理

スポンサーリンク
Investment

おさらい:運用の目的とポートフォリオ

ミッチェル
ミッチェル

さぁ、前回は「運用方針」について確認したね!
運用方針の2P」って覚えてる??

キャリー
キャリー

運用の・・・「目的」と「ポリシー」だったかな??

テディ
テディ

ポリシー」って「運用方針」を英訳しただけやん(笑)
目的」と「ポートフォリオ」ちゃう??

ミッチェル
ミッチェル

テディ、ご名答!
Purpose」と「Portfolioの頭文字のPから2Pって訳ね。

Investment Policy」~運用方針~

 

1.  運用の目的(Purpose)
テディ
テディ

まずは、「何のために運用するか」やな
で、どんな目的やった??

ミッチェル
ミッチェル

30年後のリタイア後に配当所得でシニアライフを満喫する!
カンタンに言うと、「じぶん年金」を持つ!って事ね。

 

~運用の目的⇒じぶん年金
①シニアライフで必要な生活費:約27万円/月、約324万円/年
②必要な運用元本:約9,257万円
③必要な利回り:約5%(米国株ポートフォリオの配当利回り)⇒税引後3.5%

 

キャリー
キャリー

じぶん年金」のためにポートフォリオを組むんだよね。
ズバリ、「配当所得の最大化」を目指すって感じ??

 

2. 運用のポートフォリオ(Portfolio)
ミッチェル
ミッチェル

よく覚えてたね!そう、
配当所得の最大化」できるように投資銘柄を決めて
ポートフォリオをデザインするんだったね。

YOC (買値に対する配当利回り) ⇒ 税引後3.5%
DGR(直近3年間の増配率) ⇒ 二桁以上(10%以上)
FCFM(直近5年間平均) ⇒ 15%以上
テディ
テディ

コレで、「Plan」は決まったもんな。
でも、実際に計画通りに進んでるかどうか振り返りもせんとな!
言うは易く行うは難し」ってヤツ。

ミッチェル
ミッチェル

うん、そこで現状把握する訳だね。↓↓

現状把握:実際のポートフォリオ

配当所得の推移⇒年ベースで成長しているか (入金再投資込み)

 

ミッチェル
ミッチェル

さぁ、まずはポートフォリオがきちんと配当所得を毎年増やせているか
みていこう。もちろん、定期的な入金や配当再投資も含めてね。

4月以外は月次ベースで配当所得は拡大中。(26ヶ月ヒストリカル)

テディ
テディ

確かに4月は前年からガクッと配当所得が減ってるな。
他は見事に赤線(2019)が青線(2018)を上回ってるケドな。

ミッチェル
ミッチェル

ああ、こーいうイレギュラーもあって、
配当の支払いがずれ込んだしまうケースがあるんだ。でもさ、
翌月5月にはキチンと計上されてるからね。

キャリー
キャリー

つまり、ズレ込みを調整すれば、前年同月比で増えてるって事ね。

配当所得の前年比増加率は54% (2018→2019)

キャリー
キャリー

年間で54ってスゴイじゃん!入金再投資も大事だケド、
高配当かつ増配デキル銘柄に投資し続けるって本当に大切なのね。

ミッチェル
ミッチェル

そだね、当たり前だケド、元本が大きくなればなるほど
複利効果が生きてくるからね!だからこそ、定期的に入金して
なるべく投下元本を増やして、配当所得を純増したいんだよ。

 

テディ
テディ

自分ねんきん」の目標は年間配当所得が324万円やったな(笑)
まだまだ道は遠いで!まぁ、そのためのポートフォリオやもんな。

ミッチェル
ミッチェル

う~、グサッと胸に刺さる言葉(笑) そうさ、60歳までの約30年間
コツコツ入金再投資×高配当連続増配株」を続けるよ!

キャリー
キャリー

パチパチパチパチ(拍手)
立派な決意表明ね!ところで、その配当の源泉となるポートフォリオは
どんな感じになってるのかしら??

 

ポートフォリオ評価⇒「配当所得の最大化」の3基準

ミッチェル
ミッチェル

ようやく、僕のポートフォリオの中身は・・・
最低10銘柄をコア」、ポートフォリオの主力銘柄にしたいケド
まだ9候補で、実際は6銘柄の保有(黄色)なんだよ。

YOC, DGR3y, FCFMの3基準を元に銘柄選定

 

テディ
テディ

トータルだと、YOCがミニマム(5.00%)に対してやや不足やな。
ほかの2つの基準はOKで特にFCFMはなかなかやん!

キャリー
キャリー

うん、増配率と営業キャッシュフロー・マージンは◎ね!
YOCに限ってはもう一踏ん張りで、トータル90点ってトコ(笑)

ミッチェル
ミッチェル

それはどうも(笑) 確かに100点ではないケドね。
MSFTは高増配率、QQQは株式指数型のETFで分散投資OKな一方で、
配当利回りは1%前後で相対的に低いからね。

テディ
テディ

まぁ、特にハイテク株はここ数年の値上がりで配当利回り↓↓やな。
値上がり益は嬉しいケド、大本命は「配当所得の最大化やからな!

キャリー
キャリー

でも、こーいう時に「運用方針」のおかげで、現状と目標のギャップを
見つけて、それを埋めるように修正できるよね!

ミッチェル
ミッチェル

ねっ、「Plan」が最重要って言った通りでしょ。
さて、現状分かった事をまとめると↓↓

1. 配当所得の推移⇒前年比+54%で◎(最低限10%以上クリア
2. ポートフォリオ評価⇒YOCがやや低い:(4.26%<ミニマム5%)
テディ
テディ

あとはポートフォリオの銘柄数を最低10以上ってトコか。

分散投資についても少し課題がありそうやな・・・

ミッチェル
ミッチェル

そうだね、長期投資のポートフォリオを守る上で必要な
分散投資について考えてみようか。

評価:リバランスの必要性

 

最適な分散投資⇒銘柄数と投資セクター

キャリー
キャリー

ところで、「最低10銘柄」って理由はあるの??
もっと多く分散してると思ってたよ(笑)

ミッチェル
ミッチェル

うん、理由はあるよ。最適な「分散効果」の目安があるからね!
ただ、銘柄数を増やせばいいってわけじゃないんだよ。

出典:バフェット太郎著 バカでも稼げる「米国株」高配当投資

テディ
テディ

なるほどな、「最適ゾーン」かぁ。
確かに10銘柄+α」くらいなら管理するのもラクそう

キャリー
キャリー

ホントだ、リスクの低減効果がだんだん・・・
一握りの優良銘柄に長期投資」ってこーいう事なのね!

ミッチェル
ミッチェル

まぁ、米国なら優秀な高配当・連続増配銘柄たくさんに見えるケド、
実際に長期で管理するとなるとね・・・

テディ
テディ

俺らはプロじゃないからな。
誰でもデキルような投資方針を基に、地道に継続投資がベターやな!

ミッチェル
ミッチェル

そうだね、そーいう意味で、銘柄数と「投資セクター」も大事さ!
基本は「世界産業分類基準GICS)」が定める各セクターから1銘柄以上選ぶのが良さそうだケドね。

世界産業分類基準(GICS)のセクター分類

キャリー
キャリー

じゃあ、これら11セクターで11銘柄って感じかな??
確かに全セクターに投資すれば、十分に分散投資デキルわよね。

ミッチェル
ミッチェル

11銘柄ってのは納得だよ、最低10以上はクリアしてるからね。
ただ、必ず全11セクターでなくても良いって僕は思うんだ。↓↓

 

リターン上位には「生活必需品」「ヘルスケア」が多い傾向 出典:ジェレミー・シーゲル著「株式投資第4版」

 

テディ
テディ

リターン上位セクターって2つに偏ってるな!
二つとも「景気後退局面に強いデフェンシブなセクターってやな。

ミッチェル
ミッチェル

ああ、同期間におけるS&P500のリターン10.88%に対して、上位20銘柄は全てアウトパフォームしてるからね!

キャリー
キャリー

じゃあ、その2セクターに多めに投資するのは有効そうね。
でもね、なぜ「デフェンシブ」なのかな??

 

ミッチェル
ミッチェル

カンタンに言うと、「景気変動に左右されにくいセクター」だね。
各セクター別に利回りの相関を見てみると↓↓

セクター間利回りの相関は「生活必需品」「ヘルスケア」が最も低い出典:ジェレミー・シーゲル著「株式投資第4版」

テディ
テディ

ふむふむ、2000年頃のITバブル崩壊時も2つのセクターは全体との
相関性が低い結果、分散効果が効いた!って事な。

ミッチェル
ミッチェル

多分ね。景気後退局面において、企業業績のブレが少ないほど、
継続して「利益確保⇒増配」しやすいからね。

キャリー
キャリー

そっか、逆に業績変動が大きいと「減配リスク」もあるもんね。結局、
どんな時も配当を継続し増配デキル銘柄⇒デフェンシブ」なのね!

ミッチェル
ミッチェル

うん、特にセクター別リターン上位の3つを最低2銘柄 (60%)
ほか4銘柄は景気循環サイクル別に異なるセクターに分散投資かな。

セクター別リターン上位3セクターはS&P500を過去50年間上回ってきた。

テディ
テディ

おっけー、まずは「ヘルスケア」と「生活必需品」から一つずつ投資
するんが良さそうやな。その後、4セクター4銘柄で最低10銘柄やな。

景気循環と対応セクター (出所:MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法)

ミッチェル
ミッチェル

こーして見ると「Late Expansion」つまり、「景気拡大後期」に強い
セクターへの投資も必要だね。さて、まとめると・・・

リバランスの必要性運用方針」と「分散投資」のバランス調整!

1. YOC最低5%になるように投資

2. セクター別リターン上位3業種より最低2銘柄ずつ投資
⇒「ヘルスケア」+「生活必需品」+「情報技術

 

「運用方針」と「分散投資」のバランス⇒健全な長期投資

 

ミッチェル
ミッチェル

こーして、現状のポートフォリオを定期的に評価するって重要だね。
運用方針」に対してのギャップを見つけられるし、何よりも
配当所得の最大化」っていう「運用目的」を再確認出来る!

テディ
テディ

せやな、配当利回りだけなら高配当のセクターに偏るし、
長期的なリターン見ると、情報技術セクターも必須やからな。

キャリー
キャリー

だからこそ、「リバランス」してバランスを整えるのね!
じぶん年金」は長期投資が前提だから「健全な投資」がマストね。

ミッチェル
ミッチェル

二人ともその通りで、これから30年後に向けて長期投資するんだから
目標達成のへ前進しつつ、途中で脱落しないように調整もする
それが「リバランス」の目的なんだね。

テディ
テディ

30年後の2050年が楽しみだな(笑)
俺は情報技術セクター」がリターンNO.1だと思うぜ!

キャリー
キャリー

じぶん年金」の成果にわたし達のシニアライフが懸ってるのよ!

ミッチェル
ミッチェル

まぁまぁ、プレッシャーはその程度で勘弁してよ(笑)
一喜一憂せず、楽しくマイペースに長期投資がモットー」だから!
今回もお疲れ様でした。

 

 

タイトルとURLをコピーしました