Portfolio Analytics 2020.06

スポンサーリンク
Investment

Status:ポートフォリオの現状

ミッチェル
ミッチェル

6月は世界各国で経済活動再開が本格化した事もあって、株式市場の反発基調が継続だったね!早速、運用状況を確認しましょう♪

テディ
テディ

気が付けば、NASDAQ総合指数は過去最高値更新で、特にMSFTAAPLAMZNといったGAFAMに代表されるハイテク株が絶好調!

6月の月間騰落率:米国株主要3指数(5月)

・NYダウ:-1.68%+4.26%
・S&P500:+0.23% (+4.53%)
・NASDAQ総合:+5.42% (+6.75%)

出所:Bloomberg「Markets Stocks」

 

キャリー
キャリー

でもNYダウは月間ではマイナスなんだね。直近でコロナの新規感染者が過去最高水準まで増えてるし、株価の上値は重そうな予感・・・

 

ミッチェル
ミッチェル

まあ、僕らの運用は30年って長期投資なんだから、「弱気相場」は来たる「強気相場」に備えて、資産を殖やす絶好のチャンス!

テディ
テディ

そうそう、そのための「ポートフォリオ」やねんから。むしろ好機と捉えるべし!それに投資の目的を思い出してみると・・・

キャリー
キャリー

あっ、そっか、「じぶん年金」⇔「配当所得の最大化

今月の配当金いくらだったのかな(ワクワク)

~運用の目的⇒じぶん年金
①シニアライフで必要な生活費:約27万円/月、約324万円/年
②必要な運用元本:約9,257万円
③必要な利回り:約5%(米国株ポートフォリオの配当利回り)⇒税引後3.5%

 

ミッチェル
ミッチェル

さて、運用状況のサマリーはこんな感じかな↓↓

評価損益が-3%台まで改善し、高配当銘柄の新規購入によりYOCも微増。

KOとDUKの新規購入により生活必需品と公益セクターの比率がアップ!

 

テディ
テディ

今月はボーナス月って事で、新規購入が目立つよな!特に「生活必需品」「公益」セクターってディフェンシブな業種やんな。

キャリー
キャリー

買い増しと言うより、銘柄を「分散」してる感じね!

ミッチェル
ミッチェル

うん、QQQMSFTの2銘柄の割合が4割強で、「情報通信」セクターのウェイトが増えてたからね。今は業種・銘柄の分散が課題だね!

GAFAMの割合が46.09%と大部分を占める (2020/07/02)

 

キャリー
キャリー

情報技術」「電気通信」「一般消費財」の上位3セクターで約8割を占めるんだね。特に「一般消費財」セクターはQQQでカバーね!

 

ミッチェル
ミッチェル

そうなんだよ。本音言うと、「GAFAM+α」で良いトコどり狙いかな。それにNASDAQ100指数」連動って事で、米国主要3指数を長期的に超えるリターンに期待してるよ。

 

過去20年間のリターン比較 (QQQ vs 米国株主要3指数)

NASDAQ100指数について

一般にNASDAQにおいて「ナスダック総合指数」が全ての上場銘柄で構成されのに対して、ナスダック100指数は金融以外の時価総額上位100銘柄のみから構成されるのが大きな違いとなっています

出所:ifinance.ne.jp「ナスダック100指数

 

テディ
テディ

QQQでセクターかつ、より大型の銘柄に分散投資できるのがメリット訳だな! 一方、個別株は高配当なディフェンシブ銘柄って感じか。

ミッチェル
ミッチェル

そうだね。なるべく景気循環サイクルに対応できるように「ETF+高配当連続増配銘柄」に分散投資する事が課題だね!

赤枠:保有セクター

 

キャリー
キャリー

なるほど、QQQは景気敏感セクターの割合が50%超だから、個別株はなるべく景気後退局面に強いセクターにする方が望ましいよね。

 

ミッチェル
ミッチェル

ああ、RDSBの減配がポートフォリオを見直すきかっけになったね(笑)高配当オンリーまたは、景気敏感セクターに偏るのも僕にはNGだね。

テディ
テディ

あの大減配は辛いよな(泣)

ミッチェル
ミッチェル

同じく(泣)って事で、ポートフォリオのルールも少し見直して、セクター・銘柄を分散投資する項目を追加したんだよ!

リバランスの必要性運用方針」と「分散投資」のバランス調整!

1. YOC5%になるように投資(ポートフォリオの加重平均値)

2. セクター別リターン上位3業種より最低2銘柄ずつ投資
ヘルスケア」+「生活必需品」+「情報技術

3. 2以外のセクターも分散投資対象として検討(ETF・REIT含む)
資本財・サービス」「一般消費財・サービス」「公益」など

4. 理想の銘柄数は20銘柄以上ウェイト5%が目安
*個別銘柄の株価が半値時の影響⇒全体の2.5%に限定!

 

キャリー
キャリー

そーいえば、「金融」「不動産」「一般消費財」セクターは投資対象になるのかな??

ミッチェル
ミッチェル

一般消費財」はQQQにないMCDだね。金融」「不動産」セクターも投資対象になるケド、個別株よりETFでカバーしたいかな。

テディ
テディ

確かに「金融」は配当利回り高いケド、FRBによると「配当制限措置」も今後あり得るから減配リスクはあるよな!

ミッチェル
ミッチェル

6月末時点でのポートフォリオはこんな感じさ↓↓

買い増し:JNJ、新規購入:KO, DUK (ウエイトはコストベース)

 

キャリー
キャリー

YOCが前月比で少しアップね!ところで「Earning Yield」って?

ミッチェル
ミッチェル

株式益回り」の事で、株価バリュエーションを見るPERの逆数なんだよ。長期的には株式の実質トータルリターンと近似するとして、将来的に期待できるリターンをザックリ見積もる指標だね。

株式益回り(%)=(1株当たり純利益÷株価)×100

出所:出所:ifinance.ne.jp 「株式益回り

 

テディ
テディ

なるほど配当」という確定利益かつ、企業が実際に稼ぐ「純利益」の利回りを参考にする事で、高配当株に偏らず、長期的に株価の上昇に期待できる銘柄を保有するって事か。

ミッチェル
ミッチェル

そうだね。RDS.Bの減配が良い教訓になったよ。長期的に見れば、利益成長というファンダメンタルズが株価に反映されるのが自然だからね。結局、配当原資になる利益を維持・成長できるかだね!

キャリー
キャリー

Cash is King!」って事ね!

ミッチェル
ミッチェル

仰る通り!シーゲル教授の研究だと、米国株式のリターンは約6.8%だから、ポートフォリオの益回りだと7.0%がベンチマークだね!

2020年6月末におけるポートフォリオ組入れ対象銘柄リスト (黄色枠は保有銘柄)

Dividends:受取り配当金

ミッチェル
ミッチェル

現在、2020年の予想配当金は2,906ドルで、前年比でみると約31%アップかな。弱気相場」で相場が低迷しても、割安に買い増せるから、気にせず、淡々と「入金再投資」を継続していくよ!

配当所得の前年比増加率は約31% (2019→2020)

テディ
テディ

暴落相場で苦しい時こそ、「配当所得のありがたみ」がよう分かるわ!長期投資する上で忍耐強く耐える事が必要な一方、配当という「インカムゲイン」があるから脱落せずに継続投資しやすいもんな。

ミッチェル
ミッチェル

結局、ポートフォリオ全体で、3%弱マイナスだケド、運用方針に基づいて投資してるから気にせずに「配当所得の最大化」に向けて継続投資するのみ!このチャートが何よりもモチベーションになる!

月次配当所得の推移 (入金再投資込み)

 

テディ
テディ

連続増配銘柄×入金再投資」⇒「配当所得の最大化」やな!

キャリー
キャリー

うん、毎年この「右肩上がりの配当成長」を見れる事が長期投資家にとって「心の支え」なのよね。年初から始めた「つみたてNISA」の成績はマイナスだケド、20年先に投資してるんだから気にせず継続します!

 

2020年6月末時点の「つみたてNISA」評価額

出所:「Money Forward ME」

 

 

テディ
テディ

含み益が順調にアップ!積立て投資のおかげで購入単価が抑えられるんは強いな。ドルコスト平均法のメリット♪

ミッチェル
ミッチェル

コロナショック」でもコツコツ地道に楽しくマイペースに長期投資していこう!弱気相場」も僕らの味方だと思って(笑)

 

 

タイトルとURLをコピーしました