Market Today 2020.5.14

スポンサーリンク
株式マーケット

にっぽん&アセアン

 

  • 日経225:19,914.78円 (-1.74%)
  • TOPIX:1,446.55 (-1.91%)
  • REIT指数:1,587.16 (-1.10%)
  • 債券先物:152.28 (+0.04)
  • 長期金利10y:-0.010% (-0.5bp)
  • 上海総合:2,870.34 (-0.96%)
  • ハンセン:23,829.74(-1.45%)
  • シンガポールST指数:2,522.31 (-1.93%)

世界の金利

 

  • 米国10y:0.617% (-3.7bp)⇒長短金利差 (10y-2y)=46.8bp
  • 米国2y:0.149% (-1.6bp)
  • ドイツ10y:-0.531% (-1.2bp)
  • 英国10y:0.202% (-0.7bp)
  • フランス10y:-0.043% (Unchanged)
  • イタリア10y:1.837% (+1.0bp)
  • スペイン10y:0.740% (+1.0bp)

世界の株式インデックス

  • Dow30:23,625.34ドル (+1.62%)
  • S&P500:2,852.50 (+1.15%)
  • NASDAQ:8,943.72 (+0.91%)
  • STOXX600:326.71 (-2.17%)
  • 英FTSE:5,741.54 (-2.75%)
  • 独DAX:10,337.02 (-1.95%)
  • VIX:32.61 ↓
テディ
テディ

アジアから欧州にかけて株式相場が弱含む中、米国は原油先物の上昇に連れて、朝方のマイナスを回復し反発やったな。

ミッチェル
ミッチェル

うん、石油需要予測」の上方修正とサウジの減産を背景にWTI原油先物は4月上旬以来まで上昇したのが株式を後押しって感じだね。

 

欧米などでの経済活動の再開期待から原油先物相場が急反発し、1カ月ぶりの高値を付けたことで同じリスク資産である株式にも買いが入った。

(引用:日本経済新聞「米国株、反発し377ドル高 原油高で自律反発狙いの買い 」)

 

キャリー
キャリー

15日からNY市で建設業など一部業種が営業再開するみたいだし、日本も39県の「緊急事態宣言」解除が決まったから、少しづつ制限緩和されるに連れて、需要の回復に注目が集まるね。

 

テディ
テディ

欧米各国が「都市封鎖」の緩和を始めてるケド、ロシアは感染者数世界2位まで急増したから、まだまだ投資家心理の改善は遠いで。

追加緩和観測を受けて、米長期金利が過去最低水準で推移する中、長期的には金や株式は概ね比例して上昇基調が継続。

 

ミッチェル
ミッチェル

この超低金利が長引くほど、「利回りの確保」がますます重要になってくるね。長期投資における大命題である「実質トータルリターン」を考慮すると、やはり株式が一番有利だと思うよ。

キャリー
キャリー

ところで、株式の「実質トータルリターン」って・・・何だった?

テディ
テディ

インフレ率を考慮した実質的なトータルリターンの事さ。ペンシルベニア大学大学院のジェレミー・シーゲル教授の説明によると↓↓

実質トータルリターン (1802~2006)
株式6.8% (年率)
長期国債:3.5% (年率・複利)
インフレ率:1.4%

出所:ジェレミー・シーゲル著「株式投資」

 

ミッチェル
ミッチェル

要するに、インフレ率込みなら「名目利回り」で、インフレ率を引いた「実質的な購買力」が実質トータルリターンって事だね!

過去200年において、株式投資は年率6.8%の利回りを記録しているので、長期投資に有利とされる。

 

キャリー
キャリー

要するに、3.5%の米長期国債に対して、3.3%の「リスクプレミアム」を株式に期待できるって事ね!でも、今の長期金利は相当低いケド、株式にはどの程度のリターンが期待できるのかな??

 

テディ
テディ

良い質問やな。シーゲル教授によると「株式リスクプレミアム」は過去200年間で3~3.5%だっだらしいから・・・

株式リスクプレミアム 
=株式益回りー長期国債利回り(長期金利)

株式益回り=株式リスクプレミアム+長期国債利回り
=3.0%+0.60%=3.6%

*長期投資における益回りは実質トータルリターンに近似するとする

株式益回り

 

ミッチェル
ミッチェル

ザックリ言うと、3.6%~4.1%くらいの実質トータルリターンに期待できるイメージだね。現在はそもそも超低金利かつインフレ率も低いからその分、期待できるリターンも過去より下がるよね。

キャリー
キャリー

うん、今のS&P500のPERが約20だとすると、益回りは1/20=5.0%と過去より下がるケド、それでも長期の株式投資は魅力的だね!

テディ
テディ

そうそう、時間かけて、地道に軍資金を準備してコツコツ買い増しさえ継続できれば「長期投資は誰にでもデキル!

キャリー
キャリー

そうね、原油価格」や「コロナ終息」は成り行きに任せて、わたし達個人投資家は地道に「優良銘柄」へ継続投資するだけでいいよね!

ミッチェル
ミッチェル

うん、「リーマンショック」の時も「金上昇⇔金利上昇⇔株式⇔原油上昇」だったからね。今は見通し改善するまで、待ちながらも淡々と「買い増し」すべきだと思うな。

キャリー
キャリー

先行きは誰にも分からないケド、わたし達は「継続して積立て投資」すればいいのよね。今月でつみたてNISA」始めて5カ月目で含み損だケド、全然気にならないし、むしろ購入単価下げれて嬉しいかも(笑)

為替

  • USD/JPY:107.24
  • EUR/JPY:115.84
  • GBP/JPY:131.10
  • AUD/JPY:69.26
  • EUR/USD:1.0802
  • GBP/USD:1.2222
  • AUD/USD:0.6457

⇒円全面安

商品

 

  • CRB指数:123.12 (+2.07%)
  • WTI原油先物 (NYMEX):27.71ドル/バレル (+9.57%)
  • BRENT原油:31.33ドル/バレル (+7.33%)
  • GOLD先物(COMEX):1,738.30ドル/トロイオンス (+1.28%)
  • LME銅3M先物:5,224.00ドル (-0.62%)
  • Bitcoin(¥):1,03,4692 (+3.03%)
タイトルとURLをコピーしました